友とコーヒーと嘘と胃袋

凛と構えたその姿勢には古傷が見え

連勤第一弾終了、お疲れ私。

捉え方は人それぞれで、
私は物事を全て哀しい方向に捉えるので
今日も今日とて心臓が痛い。

夢見がちな女なので
私のいる場所が誰かの安心する場所になる
なんて正直あってほしくないの。

私のいる場所は
哀しくてヒリヒリしていて
あぶなっかしいものであって欲しい。

私自身、安定したいとあまり思えない。

幸せなんて定義はわからないけれど
美しいの定義はあります。

隣で寝ている君にも
他で生活をしている貴方にも
私の居場所に意味がありますように。

自信がなくなったら
時々側においでよ。
甘やかしてくれよ。
お前さあ、って嗤ってね。

ふわふわした
しょうもない気持ちって
生きづらいけれどさあ、
それがなくなったら死んだ方がマシだと思ってる。